おやゆび姫・ おやゆびひめ・おとぎ話 ・ プリンセスストーリー ・童話・アニメ世界の名作童話

author 子供のためのおとぎ話 - Stories for Children in Japanese   7 мес. назад
118,521 views

148 Like   53 Dislike

オズの魔法使い アニメ | 子供のためのおとぎ話

オズの魔法使い アニメ | 子供のためのおとぎ話 ン. 今すぐ購読 : https://goo.gl/3g381L 『オズの魔法使い』(オズのまほうつかい、The Wonderful Wizard of Oz)は、ライマン・フランク・ボームが著し、W. W.デンスロウが挿絵を担当した児童文学作品。1900年5月17日、アメリカ合衆国イリノイ州シカゴのジョージ・M・ヒル・カンパニーから初版が出版され、以降何度も再版された。 1902年のミュージカル『オズの魔法使い』(The Wizard of Oz )、1939年の映画『オズの魔法使』(The Wizard of Oz )から『The Wizard of Oz 』という題名が定着した。 あらすじ アメリカ合衆国カンザス州でエム叔母、ヘンリー叔父、小さな飼い犬のトトと共に少女ドロシーは暮らしている。ある日、ドロシーとトトは竜巻に家ごと巻き込まれて、不思議なオズ王国の中のマンチキンの国へと飛ばされてしまう。落ちた家は、マンチキンたちを独裁していた東の悪い魔女を圧死させる。北の良い魔女がやってきてマンチキンたちと喜びを分かち合い、悪い魔女が履いていた不思議な力を持つ銀の靴をドロシーに授ける。良い魔女はドロシーに家に帰れる唯一の方法はエメラルドの都に行って壮大な魔力を持つオズの魔法使いに頼むことだと語る。ドロシーは旅に出ることにし、北の良い魔女はドロシーを大事故から守るため、おでこにキスして魔法をかける。 黄色いレンガ道を進み、ドロシーはボクという名のマンチキンによるパーティに出席する。翌日ドロシーは棒に引っ掛かったカカシを助け、ブリキの木こりに油をさし、臆病なライオンと出会う。カカシは脳を、ブリキの木こりは心を、ライオンは勇気を手に入れる願いを叶えてもらうため、ドロシーとトトと共に魔法使いに助けを求めにエメラルドの都に向かう。いくつかの冒険を乗り越え、一行はエメラルドの都の門で門番に会うと、街の輝きで目が眩まないように緑の眼鏡をかけるように言われる。1人1人呼ばれ、ドロシーは大理石の王座の上の巨大な頭、カカシは絹の紗に包まれた愛らしい女性、ブリキの木こりは恐ろしい野獣、臆病なライオンは火の玉の形をした魔法使いに会う。魔法使いはもしオズ王国のウィンキーの国を独裁する西の悪い魔女を殺せば全員の願いを叶えると語る。警備員はこれまで誰も西の悪い魔女を倒したことがないと警告する。 西の悪い魔女は望遠鏡になる一つ目で一行が近づくのを見つける。魔女は一行をズタズタに切り裂くため狼たちを送るが、ブリキの木こりが斧で殺す。魔女は一行の目を潰すため野生のカラスを送るが、カカシが彼らの首を折って殺す。魔女は一行を刺すため黒い蜂の群れを集めるが、カカシのわらがドロシー、ライオン、トトを隠し、ブリキには刺さらずに蜂は死ぬ。魔女はウィンキーの兵士たちを送るが、ライオンが直立すると恐れて引き返す。ついに魔女は黄金の冠の力を使い飛ぶ猿を呼び集め、ドロシー、トト、ライオン、カカシを捕まえ、ブリキの木こりをへこませる。魔女はドロシーの銀の靴を手に入れることを企て、ドロシーを自分の専属奴隷にしようとする。 1900年の初版の、WWデンスロウによる悪い魔女が溶けるシーンの挿絵 悪い魔女はドロシーを騙して銀の靴の片方を脱がせることに成功する。怒ったドロシーは魔女にバケツの水を思い切りかけると、魔女が溶けてドロシーは驚く。ウィンキーたちは魔女の独裁から逃れることができて喜び、カカシにわらを詰め、ブリキの木こりを修理する。彼らはブリキの木こりに国王となることを頼み、彼はドロシーを無事にカンザスに帰すことができたら引き受けると語る。ドロシーは黄金の冠を見つけ、一行をエメラルドの都に連れていかせるために飛ぶ猿を集める。飛ぶ猿の王は北の魔女ギャヴレットの冠でどうやって自分たちが魔法にかけられるのか説明し、ドロシーはのちに他に2回冠の力を使用することになる。 一行がオズの魔法使いに再会した時、トトが王座の隅のスクリーンを倒してしまうと、本物の魔法使いが現れる。彼は平凡な老人の詐欺師で、だいぶ前にネブラスカ州オマハから気球でオズにやってきたと申し訳なさそうに語る。魔法使いはカカシに糠、ピン、針を詰めた頭("a lot of bran-new brains")を、ブリキの木こりにはおがくずを詰めたハート型の絹の袋を、臆病なライオンには勇気が出る薬を与える。彼らは魔法使いの力を信じているため、これらをもらって喜ぶ。魔法使いはドロシーとトトをエメラルドの都から家に気球で連れていくと語る。離陸時、魔法使いはカカシに自分の代わりにオズ王国の統治を任せると語る。トトが子猫を追い掛け、ドロシーがそれを追うと気球は魔法使いのみを乗せて飛び立つ。 ドロシーは再び飛ぶ猿を集めてトトと共に家に飛ぼうとするが、彼らはオズ王国を囲む砂漠を飛び越えることはできないと語る。緑の髭の兵士がドロシーに南の良い魔女グリンダが家に帰らせてくれるかもしれないと助言し、一行はオズのカードリングの国に住むグリンダに会う旅を開始する。道中、臆病なライオンは森の動物たちを脅かす巨大な蜘蛛を殺す。動物たちは臆病なライオンに王になってくれるよう頼み、ドロシーを無事にカンザスに帰したら引き受けると語る。ドロシーはみたび飛ぶ猿を集め、山を越えてグリンダの国へ行く。グリンダは一行に挨拶し、ドロシーが履いている銀の靴こそが望む場所へ連れていってくれると明かす。ドロシーは友人たちと抱き合い、友人たちは黄金の冠を使ってカカシはエメラルドの都へ、ブリキの木こりはウィンキーの国へ、ライオンは森へ、それぞれが新しい国へ行くことになり、黄金の冠は飛ぶ猿の王に与えられる。ドロシーはトトを腕に抱き、かかとを3回合わせ家へ帰ることを唱える。ドロシーは旋回して空中に浮かび、カンザスの平原の芝に転がり、自宅にたどり着く。ドロシーはエム叔母に駆け寄り「また家に帰ることができて良かった」と語る。 https://ja.wikipedia.org/wiki/オズの魔法使い

발레 다리 부상 마이 리틀포니 Equestria Girls Kids School cheatting Makeup Contest kindhearted family

https://youtu.be/czTUjCXLHTQ

ふしぎの国のアリス(日本語版)| 子供のためのおとぎ話 | 日本語 | 漫画アニメーション

ふしぎの国のアリス | 不思議の国のアリス | 子供向け童話 | 漫画 | アニメーション. 今すぐ購読 : https://goo.gl/3g381L より多くのおとぎ話 : https://goo.gl/Yy4rpR 『不思議の国のアリス』(ふしぎのくにのアリス、英: Alice's Adventures in Wonderland)は、イギリスの数学者チャールズ・ラトウィッジ・ドジソンがルイス・キャロルの筆名で書いた児童小説。1865年刊。幼い少女アリスが白ウサギを追いかけて不思議の国に迷い込み、しゃべる動物や動くトランプなどさまざまなキャラクターたちと出会いながらその世界を冒険するさまを描いている。キャロルが知人の少女アリス・リデルのために即興でつくって聞かせた物語がもとになっており、キャロルはこの物語を手書きの本にして彼女にプレゼントする傍ら、知人たちの好評に後押しされて出版に踏み切った。1871年には続編として『鏡の国のアリス』が発表されている。 『アリス』の本文には多数のナンセンスな言葉遊びが含まれており、作中に挿入される詩や童謡の多くは当時よく知られていた教訓詩や流行歌のパロディとなっている。英国の児童文学を支配していた教訓主義から児童書を解放したとして文学史上確固とした地位を築いているだけでなく、聖書やシェイクスピアに次ぐといわれるほど多数の言語に翻訳され引用や言及の対象となっている作品である[1]。本作品に付けられたジョン・テニエルによる挿絵は作品世界のイメージ形成に大きく寄与しており、彼の描いたキャラクターに基づく関連商品が数多く作られるとともに、後世の『アリス』の挿絵画家にも大きな影響を及ぼしている。ディズニー映画『ふしぎの国のアリス』をはじめとして映像化・翻案・パロディの例も数多い。 不思議の国のアリス』成立の発端は、作品出版の3年前の1862年7月4日にまで遡る。この日キャロル(ドジソン)は、かねてから親しく付き合っていたリデル家(キャロルの住むオックスフォード大学の学寮クライストチャーチの学寮長の一家)の三姉妹、すなわちロリーナ(Lorina Charlotte Liddell、13歳)、アリス(Alice Pleasance Liddell、10歳)、イーディス(Edith Mary Liddell、8歳)、それにトリニティ・カレッジの同僚ロビンスン・ダックワースとともに、アイシス川(オックスフォードではテムズ川をこう呼んだ)をボートで遡るピクニックに出かけた[2][注釈 1]。 この行程はオックスフォード近郊のフォーリー橋から始まり、5マイル離れたゴッドストウ村で終わった。その間キャロルは少女たち、特にお気に入りであったアリスのために、「アリス」という名の少女の冒険物語を即興で語って聞かせた(このときの様子は作品の巻頭の献呈詩のなかで「黄金の昼下がり」として描かれている)。キャロルはそれまでにも彼女たちのために即興で話をつくって聞かせたことが何度かあったが、アリスはその日の話を特に気に入り、自分のために物語を書き留めておいてくれるようキャロルにせがんだ[5]。キャロルはピクニックの翌日からその仕事に取り掛かり、8月にゴッドストウへ姉妹と出かけた際には物語の続きを語って聞かせた[6]。この手書きによる作品『地下の国のアリス』が完成したのは1863年2月10日のことであったが、キャロルはさらに自分の手で挿絵や装丁まで仕上げたうえで、翌1864年11月26日にアリスにこの本をプレゼントした[7][注釈 2]。 さらにこの間、キャロルは知己であり幻想文学・児童文学の人気作家であったジョージ・マクドナルドとその家族に原稿を見せた。マクドナルド夫妻は手紙で、作品を正式に出版することをキャロルに勧め、また夫妻の6歳の息子グレヴィルが「この本が6万部あればいいね」と言ったことがキャロルを励ました[9]。こうしてキャロルは出版を決意し、『地下の国のアリス』から当事者にしかわからないジョークなどを取り除き、「チェシャ猫」や「狂ったお茶会」などの新たな挿話を書き足して、もとの18,000語から2倍ちかい35,000語の作品に仕上げ、タイトルも『不思議の国のアリス』に改めた[10]。出版社は1863年末にロンドンのマクミラン社と決まった。マクミラン社は当時、自社で出したばかりのチャールズ・キングズリー(英語版)[注釈 3]の児童書『水の子(英語版)』が好評を得ていたため、キャロルの物語に興味を示したものと思われる[12][13]。挿絵は『パンチ』の編集者トム・テイラーの紹介によって、同誌の看板画家ジョン・テニエルに依頼された。挿絵にこだわりを持っていたキャロルはテニエルと何度も連絡をとり、細かい注文をつけてテニエルを閉口させたが、二人のやりとりのあとを示す書簡は今日では残っていない[14]。

【絵本読み聞かせ】眠れる森の美女(ねむれるもりのびじょ)/童話・日本昔話・紙芝居・絵本の読み聞かせ朗...

今回の【おはなしランド】は「眠れる森の美女(ねむれるもりのびじょ)」の絵本朗読です。 おかあさんといっしょに読んでみましょう! 子どもへの絵本(紙芝居)や童話の読み聞かせは「集中力向上」「語彙力アップ」「想像力・知的好奇心の発達」、そして何より「親子とのコミュニケーションにより絆が強まる」など、様々な効果があります。 3歳児の年少さんは語彙力を増やすきっかけとなり、4歳児の年中さんには表現力・想像力を高めるきっかけとなり、5歳児の年長さんになるころには読み聞かせをしていた子としていない子では、本が読めるようになっていたり、文章の手紙が書けるようになっていたりと、明らかに知性の知性の差が現れると言われているくらいです。 ぜひ、お気に入りのお話をみつけて、子どもと一緒に絵本や紙芝居の読み聞かせ朗読動画を楽しんでください^^ ▼3歳、4歳、5歳の子どもに読み聞かせたい絵本・紙芝居・童話の読み聞かせ朗読動画リストはこちら http://goo.gl/1l9Dsh ☆★☆★☆ KidsTube(キッズチューブ)には他にも子どもの学びや遊びに役立つ知育動画が盛りだくさん! ▼英語の歌やカードで遊ぶ知育動画リストはこちら http://goo.gl/Bho1IY ▼ルールゲーム遊びや運動・体操の知育動画リストはこちら http://goo.gl/aBxc6H ▼絵本・紙芝居・童話の朗読・読み聞かせ知育動画リストはこちら http://goo.gl/1l9Dsh ▼工作・手作りおもちゃ知育動画リストはこちら http://goo.gl/JQbjgC ▼自由研究・実験知育動画リストはこちら http://goo.gl/z7uxr4 ▼分解・解体知育動画リストはこちら http://goo.gl/Y92k2a ▼簡単な手品・マジック動画リストはこちら http://goo.gl/xPzuLg ▼クイズ・なぞなぞ動画リストはこちら http://goo.gl/gkLfbR ▼折り紙(おりがみ)知育動画リストはこちら http://goo.gl/kcgR1k ▼お絵かき・塗り絵(ぬりえ)知育動画リストはこちら http://goo.gl/KpFkJa ▼洗濯物アートクイズ動画リストはこちら http://goo.gl/IqtxU4 ▼遊び場紹介動画リストはこちら http://goo.gl/3wqVEL ▼遊び方がつまった動画リストはこちら http://goo.gl/klxfrN ▼3歳児(年少)向けの子ども向け知育動画リストはこちら http://goo.gl/HuLXGl ▼4歳児(年中)向けの子ども向け知育動画リストはこちら http://goo.gl/zptwGB ▼5歳児(年長)向けの子ども向け知育動画リストはこちら http://goo.gl/0CxEGF 子どもの学びと遊びに役立つ知育動画配信サービス KidsTube(キッズチューブ) https://kidstu.be/

スリリンひめの おともだち | The Best of Princesses | お姫さま物語 | ピンキッツ童話

グロバル人気の幼児・子供教育ブランド、ピンキッツ! チャンネル登録すると毎週ピンキッツの新しい動画を楽しめるよ。 映像の右下にある 『チャンネル登録』、お願いね! ★チャンネル登録:https://www.youtube.com/channel/UCXt0PoqhaglDKov1JbIPFEg -------- ★つぎの動画、これはどうですか? 英語世界名作童話シリーズ:http://i.sstudy.kr/L/746/ サメのかぞくシリーズ:https://www.youtube.com/playlist?list=PLRGs6lqpp7CjnVmc3rK11w09BuyNwAqsa -------- 世界の子供の心を捕らえたピンキッツの特別な教育動画を楽しんでください。 ★ピンキッツの人気童話アプリダウンロード:http://i.sstudy.kr/L/720/des ピンキッツの最新情報はこちらで! ★ピンキッツのアプリ紹介サイト:http://www.pinkfong.com/ ★Facebook(フェイスブック):https://www.facebook.com/pinkfong.smartstudy/ ★ウェブサイト:https://www.smartstudy.co.kr/ Copyright © 2016 Smart Study Co., Ltd. All Rights Reserved.

おやゆび姫・ おやゆびひめ・童話・アニメ世界の名作童話・おとぎ話・アニメ・漫 ・ 子供のためのおとぎ話

ン. 今すぐ購読 : https://goo.gl/3g381L
より多くのおとぎ話 : https://goo.gl/Yy4rpR

Comments for video: